がん患者さんにとっては、誰もが「死」をイメージする「ステージ4」

しかし、死の淵に佇みながらも、それを受け止め、懸命に治療を受け、今、「生」を謳歌している患者さんたちもいます。

いったい、彼・彼女たちは、ステージ4をそのように受け止め、どのように行動し、どのように治療と向き合ってきたのでしょうか?

このフォーラムでは、まず、そのような患者さんのお話をお聞きします。

そして、彼・彼女たちの心を大胆に分析する精神腫瘍医と、彼らの受けた治療を冷静に解説する腫瘍内科医をパネリストに迎え、会場のみなさんからの質問にもお答えしながら、会場と一体となって進行いたします。

困難をチャンスに変え、しなやかに乗り越えるための智慧、勇気、そして愛がたくさん詰まっている会です。

ぜひ、ご家族やご友人のみなさまでお誘いあわせのうえご参加ください。

一緒に有意義な時間を過ごしましょう!

お申込みはこちら ⇒ keephope.peatix.com

********** パネリスト ************

○ ステージ4のがん患者さん 数名

○ 中野絵里子( 医師)聖路加国際病院 腫瘍内科

○ 保坂 隆 (医師)保坂サイコオンコロジークリニック院長

************** ***************

【日 時】 2019年3月30日(土)13:00~16:00  [ 開場 12:30 から]

【場 所】 聖路加国際大学 アリスC・セントジョン メモリアルホール

            東京都中央区明石町10-1 

【アクセス】 東京メトロ銀座線「築地駅」徒歩5分

【参加費】 1,000円

【主 催】 NPO法人ハートシェアリングネットワーク / 保坂サイコオンコロジー・クリニック

お申込みはこちら ⇒ keephope.peatix.com

※ お申し込みは先着順となります。満席になり次第、お申込みを締め切らせていただきます。お早めにお申し込みください。